【iPhone版】スマホ決済アプリを瞬時に起ち上げる方法

こんにちは!今日はTipsだよ

キャッシュレス決済で、PayPayなどを使用していると

アプリ起動するの面倒…(;´∀`)

ってなりますよね(笑)

そこで今回はQRコード決済アプリをスムーズに起動する方法をご紹介します!

注意
説明する内容は、iOS13.2の端末を例にしていますので、バージョンが異なる場合は画面に差異が出る場合がございます。

ショートカットを作成して瞬時に起動する

手順を紹介しますので、この通りにやってみて下さい♪

ショートカットアプリを起動し新規ショートカットを選択する

まず、ショートカットアプリを起動します。

ショートカット作成(+)ボタンをタップします。

 

ショートカット名を入力する

新規ショートカットの横にある ボタンをタップします。

アイコンと、ショートカット名をお好きなものに変更し、

「ウィジェットに表示」をONにします。(これ大事です!)

 

終わったら完了ボタンをタップします。

アクションを追加する

アクションを追加をタップします。

スクリプティングをタップし、Appを開くを選びます。

選択をタップし、起動したいアプリ名を入れて検索します。

今回は「PayPay」を入力しましょう。

検索できたら、PayPayを選びます。

完了ボタンを押せば終了です!

超簡単(๑´ڡ`๑)

ショートカットを起動する

起動は、ウィジェットから出来るようになります。

表示されていない場合は、

ショートカット横にあるシェブロンマークをタップします。

並び順や表示非表示を切り替えたい場合、

ショートカットをカスタマイズをタップします。

カスタマイズ画面が表示されるので、

表示順などお好みにカスタマイズしてみましょう(๑´ڡ`๑)

QRコードスキャン画面を瞬時に起動する

PayPayの場合

これは非常に簡単です!

PayPayアプリを長押しすると、ショートカットが表示されるので

スキャン支払いを選択します。

後はかざして読み取るだけです!

LINE Payの場合

同じようにLINEアプリを長押しします。

同様に、ショートカットが表示されるので

QRコードリーダーを選択します。

LINEの場合は友だち追加にも対応しています。

まとめ:アプリ起動の煩わしさを解消!

他のPayもショートカット対応しているアプリもあるので試してみて下さい♪

お財布なしで、支払いも時短!アプリ起動も時短!

なんて素晴らしいんでしょう(๑´ڡ`๑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です